スポンサーリンク
⇩オススメの記事♪
『成田ファームランド』で秀じいのいちご狩り体験♪

この記事は約6分で全文を読むことができます


やっぱり3月はいちご狩り♪

久し振りに成田ファームランドの直売所や風景も見たかったし、いちご狩り体験を予約しちゃいました。

スポンサーリンク

成田ファームランドとは?


ベアー
こんにちは。
関東近郊を旅してまわっているベアーです。
今回は千葉県の「成田ファームランド」をご紹介します。
成田ファームランドは

千葉県成田市に2021年にオープンした比較的新しいスポットです。

直売所・バーベキュー・カフェ・そば屋・果物狩りなど、オープン以来、拡充してきた多くのコンテンツを自然の中で楽しむことが出来るのが特徴。

そして、12月~5月に体験出来るいちご狩りでは、こだわりの堆肥と土で育てられた美味しいいちごを食べ放題で味わうことが出来ます。



ベアー
それでは、実際にベアーがいちごを食べまくってきたレビューをご覧ください。

1、先に直売所でショッピング

昨年(2023年)の6月にホタル観賞で訪れて以来、2度目の来園。

今回はいちご狩りメインで遊びに来たんですが、せっかくなのでショッピングも楽しみます。


相変わらず、素敵な本館ですね♪

⇧ウキウキと入り口に向かうのはパートナーの『サリー』です。


この日、直売所で最初に目に入ったのは、いちご🍓

やっぱりシーズンなんですね。

かなりお買い得ですが、今回は食べ放題の予約があるので、お土産は我慢(>_<)


いちご狩りが午後1時からの予約だった為、来たのは12時40分。。。

もう売り切れ寸前!

急いで買う物を選ばなくては!!


結局サリーが選んだ「150円均一の葉物野菜」2つと「300円のレンコン」1つを購入。

時間が経つにつれ、商品が少なくなっていくので、直売所での買い物はなるべく早めに済ませましょう(^^)


この日は、きゅうり・カブ・葉大根、3種類の漬け物が出ていました!

ベアーも、珍しい葉大根を1つ頂きましたが、さっぱりしていて美味しかったです!(^^)!

辛みも苦みもなく、大根とは別物と言っても過言ではありません。


さらに、、、

秀じいとはいったい何者なのか、未だに分かりませんが、落花生の味は相変わらず素晴らしかったです(≧▽≦)

香ばしさと甘みのバランスが絶妙なので、是非、皆さんも食べてみてください♪

2、いちご畑へ出発

いちご狩り体験の受付は本館でします。

案内の方から、こんな地図を貰えるので迷う心配はありません(*^^*)

地図の右側にある本館を出て、お散歩しながら左側のビニールハウスの方へ。

ビニールハウスは「A-1~20」「B-1~10」と30棟ありますが、それぞれで栽培されている品種が地図に記されているので、目当ての品種のいちごが直ぐに見つかります♪


*成田ファームランドのいちご狩り体験は基本的に事前予約がなければ参加出来ません。

必ず公式サイトから予約を済ませて遊びに行きましょう。


『成田ファームランド』の体験予約 詳しい情報はこちら⇩


それでは、いよいよいちご狩り体験に出発します(^O^)/

成田ファームランドは景色が綺麗でのどかな場所なので、こうしてお散歩する時間もたまりません。


到着!!

この中で美味しいいちごが山ほど待っていると思うと、よだれが止まりません(*´ω`)


サリーもどのハウスから行こうか迷っている様子(^-^)

成田ファームランドのいちごは、化学肥料に頼らない独自の農法で栽培されている為、どの品種も糖度が高いのだそう🍓

我々も、真っ赤を越える甘さの「薄ピンクいちご」を見つけられるでしょうか(・∀・)

3、かおり野

3品種、全て食べたいので、30分の制限時間内に最低でも3つのハウスを回らなくてはいけません(‘◇’)ゞ

食べる順番は、いちご大好きサリーに任せます!


興奮と食欲のボルテージがMAXに達してきました(;・∀・)

(ドアは開けたら必ず閉めましょう。)


中に入ると、、、

無数のかおり野ちゃんたちが我々を待っていました(≧▽≦)


サリーが早速、かおり野をゲット!

何個食べられるか、2人で競争スタートです(^o^)丿


手に取ってみると、まるで宝石の様。。。

食べていて、果物特有の酸味を感じることが殆どなく、口の中が疲れません(^-^)


そして、、、

ひと目見ると熟してない様にも見えますが、食べると本当に甘い(゜o゜)

皆さんも、見つけて食べ比べてみてくださいね♪

4、とちおとめ

続いてサリーが選んだのは「A-9」のビニールハウス。


こちらも綺麗にとちおとめちゃんたちが並んでいます(^^♪

とちおとめのハウスでは「ザ・いちご!」自宅で慣れ親しんだ味を楽しむことが出来ます。

もちろん、採れたてなのでスーパーで購入したものよりフレッシュで美味!

いつも家では1人4個ぐらいしか食べれないとちおとめも、今日は好きなだけ食べれます(#^^#)

何という背徳感でしょう、、、罰が当たらなければいいのですが。。。

5、やよいひめ

残り時間もあとわずか(;・∀・)

やよいひめでラストスパートをかけます!

4口かけて食べるぐらい大きいものもありました!Σ(゚Д゚)

トマトじゃなかろうかと思いましたが、かじるとやっぱり甘~いいちごです(#^^#)


ベアーも、ついつい夢中で食べまくってしまいました。。。

かおり野とやよいひめは、スーパーで常に見掛ける訳ではないので、思い残すことが無いように沢山食べてました(^^)


30分の制限時間が来たら、カップとヘタをきちんとゴミ箱に捨てて、速やかにビニールハウスを出ましょう♪

*終わったら自主解散なので、係りの方に挨拶する必要はありませんが、ズルして長く居るのはいけません(^-^;

お腹を壊しても大変です。


気になる大食い競争の結果は、、、


ベアーが「合計50個」、サリーが「合計60個」でした。

やよいひめが、いちご3個分ほどの大きさだったので、実際にはプラス10個ぐらい食べた様に感じます(;^ω^)

2人でいちご狩りに出掛けたのは2度目ですが、ベアーの2連敗となってしまいました。。。(T_T)

リベンジに期待してください!!

6、夢のフラワーパークへお散歩

せっかく成田ファームランドに来たので、いちご狩り体験以外のコンテンツも楽しんで行きます。


以前、6月に来た時も、もちろん来たのですが、何度来ても素敵な場所( ̄▽ ̄)


空気が新鮮で癒されます♪


相変わらず、水車もいい感じに回ってますね(^^)

どのシーズンでも魅力的ですが、個人的には緑が生い茂る6月の方が好きでした。

皆さんも、成田ファームランドの自然の風景を是非、フィルムに収めてみてください。


6月の『成田ファームランド』の魅力も知りたい方は、こちらの記事がオススメ⇩

7、グルメ

いちご狩り体験で思う存分いちごを食べたからといって、グルメを満喫しない訳にはいきません。


なんとこの3月にオープンしたばかりだそう!

いちごで冷えたお腹をそばで温めなくては。。。

しかし、、、

ラストオーダーの時間には間に合ったのですが、まさかの売り切れ(;´Д`)

無念。。。


仕方ないので、気を取り直して他のグルメを探します。

パスタやカレーなどの軽食もありますが、路線変更して甘いものを頂くことに!(^^)!

「散々いちごを食べたのに食べれるの?」と思う方もいるでしょうが、果物とスイーツは別腹なので楽勝!ご心配なく♪

甘さも控えめで丁度いい(*´ω`)

下の方にあるアイスに辿り着くと、、、もう幸せ過ぎて言葉も出ません。。。

皆さんも是非、ご賞味ください。


それにしても、こんなに美味しい「秀さつまいも」や「秀いちご」を作っている秀じいとは、いったい何者なのでしょうか。。。

8、ま・と・め

成田市の『成田ファームランド』に「いちご狩り体験」をしに行ったら、食べ過ぎてしまう程甘~いいちごを沢山味わうことが出来ました。

撮影

農場内の撮影は自由ですが、いちご狩り体験中は制限時間がある為、あまりカメラに夢中にならない様に気を付けましょう。

ベアーも、もう少し撮影をサボっていれば、サリーに大食い競争で勝っていたかもしれません。

オススメのフォトスポットは、水車がある「夢のフラワーパーク」の風景です。

混みぐあい

今回は、日曜日の「午後12時40分~2時20分」までの滞在でしたが、混雑していました。

カフェは座る場所がなく、そば食堂はラストオーダー前に売り切れ。

そして、いちご狩り体験は人気の高いイベントなので、基本的に事前予約がなければ参加出来ないので、特に気を付けましょう。

しかし、農場全体はかなり広いので、外を散歩する分にはガラガラで、気持ちよく過ごすことが出来ます。

予算

今回は2人で行って、予算6100円で遊んで来れました。

内訳は、

いちご狩り体験参加料2500円×2、葉物野菜150円×2、レンコン300円、さつまいものミニパフェ500円

直売所の野菜は率直に言って安いと思います。

いちご狩り体験は一般的な金額だと思いますが、いちごの味は間違いなく美味しかったので、納得の価格です。

リピート

次回は、もう少し早い時間に行って「秀じいのそば食堂」を満喫したいです。

それから、いちごのシェイクを狙います。





ベアーさんのアドバイス
☆『成田ファームランド・いちご狩り』を楽しむポイント4つ☆



ベアー
甘~~い!
皆さんが成田ファームランドにお出掛けの際、お役にたてるよう楽しむポイントをまとめさせて頂きました!
参考にしてみてください♪
ポイント1

「かおり野」→「とちおとめ」→「やよいひめ」の順で食べよう♪

今回、我々が食べた順番で食べると胃袋に沢山いちごが入ります。

「甘い」→「甘酸っぱい」→「甘くて大きい」は黄金ローテです。

ポイント2

直売所のショッピングは最初に!

直売所では、その日に農場で採れた野菜を販売するので、直ぐに売り切れてしまう場合もあります。

体験などの予約がある時は、ショッピングタイムを計算して、少し余裕を持って到着しましょう。

ポイント3

トイレは本館で済ませておこう

いちごのビニールハウスの近くにはトイレがありません。

夢のフラワーパークまで歩けば仮設トイレが1つありますが、本館のトイレは広くて綺麗なので、出掛ける前に寄っておきましょう。

ポイント4

子供を連れて行こう♪

農場と聞くと「地味なのでは?」と思うかもしれませんが、成田ファームランドは遊具や食事も充実しているので飽きずに過ごせるでしょう。

自然の中で遊べる貴重な体験を子供たちにさせてあげましょう。

マップ

基本情報

『成田ファームランド』

ご住所:千葉県成田市所1199-1

お電話:0476-73-8314

営業時間:午前9時~午後5時(土日祝は午後6時)

お休み:不定休

入園料:無料

☆無料駐車場が100台あります

☆本館近くの第2駐車場に喫煙スペースがあります

詳しい情報は、『成田ファームランド』さんの公式サイトでご確認頂きますようお願いいたします⇩
成田ファームランド 公式サイト





ベアー
皆さんもホントの甘いいちごを召し上がってみませんか?

最後までお読み頂きありがとうございました♪

Please Share!

スポンサーリンク